岡崎ローターアクトクラブ
岡崎RACトップ
ローターアクトクラブとは
ラジオ
クラブ重点目標
役員・委員会組織図
クラブ概要
会長挨拶
例会予定・報告
行事予定・報告
クラブ紙ナチラル
岡崎RAC歩み
R.I.D.2760地区テーマ
リンク
つなぐ
R.I.D.2760RA 2018-2019
問い合わせ
Google
岡崎RAC内を検索
WWW を検索
BACK > 第36年度 第2回レジュメ
第36年度   通算第798回 (本年度第2回)  平成17年 7月21日(木)
岡崎ローターアクトクラブ例会

本年度クラブテーマ 「好きになる」〜みんなのアクト 好きなカタチに塗りかえよう〜
本年度地区テーマ  「はぐくみ」
1.点鐘
2.ローターアクトの歌斉唱
3.4つのテスト
4.来賓及びゲスト紹介 
  岡崎ロータリークラブ RA副委員長 山崎 達也様
  岡崎南ロータリークラブ 新世代委員長 高橋 賢司様
  RA委員長 深津 篤様 
  ゲスト:日興コーディアル証券 庄田 知香様
  オブザーバー:日興コーディアル証券 大橋 舞様 松平 美和子様
         三嶋内科病院 磯野 恵理様

5.会長報告並び挨拶
7月10日(日) 第1回会長幹事会
場 所:名古屋市市政資料館 第3集会室
時 間:14:00〜17:00
登録者:家田 稲垣 岡本 竹内 本多
7月16、17日(土、日) 松本RAC招待行事 キャンプ
場 所:美ヶ原高原桜清水コテージ
時 間:登録開始16:30〜翌日9:30
登録料:1人7,500円
登録者: 稲垣 内田将

6.幹事報告
7月24日(日) 3地区合同プロジェクト
場 所:愛知万博
時 間: 登録開始9:30〜
登録料 : 1人5000円 (チケット込み) 500円(チケットなし)
登録者 :家田 稲垣 岩月 内田将 竹内 本多
8月 6日(土) 岡崎花火大会
場 所:岡田印刷屋上
時 間:登録開始18:00〜
8月15日(月) 諏訪RAC招待行事 花火大会
場 所:諏訪湖畔
時 間:17:00〜(花火開始19:00)
登録料:1人7,000円(一部クラブ負担)
マス席で見れるのでとてもきれいです。二次会もあります。
8月21日(日) 四日市西RAC招待行事バーベキュー
場所 :三重県 朝明ロッジ
時間 :登録開始12:00〜15:00
登録料:2,000円(一部クラブ負担)
登録締め切り 7/21(木)本日中まで
9月4日(日) 四日市西グラウンドゴルフ大会
場所 :四日市中央緑地公園内 芝広場
時間 :登録開始9:00〜15:30
登録料:1,000円(一部クラブ負担)
登録締め切り 7/21(木)本日中まで
9月24、25日(土、日) 浜松30周年記念式典
場 所:グランドホテル浜松
時 間:登録開始14:00〜
登録料:1人12,000円(一部クラブ負担)
24日は、式典と懇親会で、25日は、うなぎパイ工場見学です。
10月8、9日(土、日) 国内研修
場所 :石川、富山
時間 :8:30 名古屋出発予定
登録料:20,000円(一部クラブ負担)
仮登録締め切り 7/21(木)本日中まで
10月15日(土) 名城大学RAC地域ふれあいフェスティバル
場所 :名城大学 (岐阜県)
時間 :登録開始9:30〜15:30
登録料:300円(クラブ負担)
仮登録締め切り 7/21(木)本日中まで
内容 :玉ころがし、大縄跳びなど運動会です。
次回例会
8月 5日(金)

場 所:岡田印刷 屋上
時 間:19:00〜
テーマ:「花火大会準備」  担当:花火大会実行委員会

7.委員会報告
・ ゾーン運営委員 :
・ クラブ奉仕委員会 : 
・ 国際奉仕委員会  :来週ラジオ担当です。
・ 社会奉仕委員会  :
・ 専門知識開発委員会:再来週ラジオ担当です。
・ 財務委員会(会計):
・ ニコニコボックス :お待ちしております。
・ その他      :古切手の回収にご協力下さい。(地区)

8.理事会報告
  次回理事会日時    7/28(木)市民会館
  理事会決定事項報告  FM岡崎(ラジオ)、ハードディスク購入、花火大会等

9.本日のテーマ
 『Mini Theater☆ 』 担当:国際奉仕

10. 前回の出席率  13名中 11名 (84.6%)  休会   0名
   本日の出席率  13名中   名(100%)  休会   0名

11.その他連絡
12.講評
13.点鐘
14.写真撮影

やろまいかの原稿どうもありがとうございました。

※ラジオ予定
 7/25 国際奉仕 テーマ 「屋台に行ったときに食べたい物」
 8/1  専門知識 テーマ 「岡崎RACの花火大会について」
 みなさんメールお待ちしています

☆アクト一口メモ☆
ローターアクトの目的は、青年男女が個々の能力の開発に当たって役立つ知識や技能を高め、それぞれの地域社会における物質的、あるいは社会的なニーズと取り組み、親睦と奉仕活動を通じて全世界の人々のあいだによりよい信頼関係を推進するための機会を提供することにある。